シリーズ 「製本企業は、いかにして経営改善を行い、生き残りを計っていけばよいか」

製本業を取り巻く厳しい外部環境の変化に柔軟に対応していくためには、現在の自社の現状を的確に把握していなければなりません。

規模の大小を問わず経営者は経営課題を持っており、こうありたいという「社長の思い」を強く抱いています。経営改善を効果的に行うためには現状を正確に把握し、的確な目標を設定することが重要です。目標を達成するために、経営者と現場が知恵を出し合って問題を解決していく仕組みが必要になります。「見える化」はその一つの仕組みになります。

財務、顧客、従業員等について、具体的、定量的に現状を把握することが、「見える化」の最初のステップになり、「経営課題」への「気づき」になります。
「見える化」を推進するためにITは有力な道具です。

製本受注の多品種・小ロット・短納期化により、勘による経営が限界を迎えています。ITをうまく取り入れて、企業の身の丈にあったシステム(企業の必要度に適応したシステム)を活用することが必要になってきています。また、システムを有効活用するためには、社長のリーダーシップと全社員の協力が必要です。計画の実行段階では、種々な問題が起ってきます。
経営改善のために、現場で「見える化」を推進し、現場力を高め、発生する問題を迅速に解決していく組織能力を高めていきます。

本シリーズは生産管理、販売管理、雇用管理などの主要フェーズで「見える化」をどのように取り入れていったらよいかを5回に亘り、有効なIT活用の事例をあげて説明していきます。
また、すでにITを活用している企業にも参考となるように内容を構成しました。

小山コンサルティング事務所 小山武夫 <中小企業診断士・技術士(経営工学)>
ピー・エス・シー株式会社 原田敏明 <中小企業診断士・ITコーディネータ>
第1回 「経営改善で生き残りをかける」
第2回 「見える化」で生産の効率化を図る 
第3回 「見える化」で生産の効率化を図る
第4回 営業の強化で顧客満足を達成する
第5回 人の力を最大限に発揮する

This entry was posted in 経営管理. Bookmark the permalink.

Comments are closed.